「詩吟と出会って」
                                    ア2火笑 辻 恵子(紫岳)

    
  詩吟との出会いは256年ほど前に高槻現代劇場で詩吟近畿代表を決める吟士権決勝
大会が催されており、初めて詩吟の素晴らしい声と詩文に触れ、体全体に電気が走った
如く強い感動を覚え、勉強しようと始めたのがきっかけです。

  詩吟の会「日本詩吟学院」には平成5年に入会し、準師範・師範と切磋琢磨して只今は
お陰様で正師範の許證資格をいただき、新大阪岳風会の紫皐支部、紫峰支部、紫支部の3
支部(40名弱)を指導させていただいております。皆さまよくご存じの戦国武将に毛利元就
という人物の「三本の矢」の話は有名ですが、それにちなみ結束の強い仲の良いチーム作
りを考え、3支部合わせて「紫岳会」と名付け頑張っております。

  この91日には紫皐支部の二十周年記念祝賀会を多方面からのご尽力をいただき茨木
市からは市長代理の理事、中華人民共和国駐大阪総領事館副総領事と祝電、桂睦子・小林
美智子両市議会議員、元関西外国語大学教授など多数のご来賓にご出席いただき盛大に催
すことが出来ました。
 祝賀会には中国より七弦琴や、中国全国太極拳チャンピオンで劉さんの演舞、手品など
の演し物や構成吟詠と尺八のコラボは聴き応えがあり、98人の参加者、勿論高大同窓会
茨木詩吟(遊友クラブ)も参加して共に皆さまに喜んでいただけました。

 「詩吟・遊友クラブ」につきましては、アクティブシニア2期修了、その後も高齢者大学
校で3年勉強、修了と同時に荒木会長に同窓会茨木に誘われ即入会、懇親部幹事となる一方
で遊友クラブを立ち上げ現在に至っております。

  詩吟の効能効課:腹式呼吸で息を吐くときに声(詩文)を出し、また息を吸って吐く息:呼
気で詩文を歌うことで腸などの動きが良くなり、発声を基礎から練習するので、知らず知ら
ずのうちに鮮明で大きい声が出るようになります。特にカラオケは一段と上達します。正し
い発声のお陰だと思います。

  趣味:お寺参りが大好きで季節の花を追いながら、また、月に一度は薬師寺に写経を納め
に行くことが私の至福の一時です。


                     
                新大阪岳風会紫皐支部
      
        二十周年記念祝賀会
 
             以下は2019年9月1日 パナソニックリゾート大阪での祝賀会の模様です。


紫岳会全員による合吟 “やまざくら”


 

 
ご来賓祝辞

正師範昇格祝いを受ける

功労者表彰
祝吟披露
太極拳・演舞、祝舞
お礼挨拶

 

  
記念撮影

 
乾杯と食事風景
 
 
 
構成吟
 
 
歌謡ショー他
 

閉会挨拶

万歳三唱
 

ホーム