茨木伝承玩具研究会の忘年会
 
                       2018.12.12


  この会は月2回の定例会で今まで世の中に知られている玩具の機能と基本的な構造を生かして、より
美しく、作り易くし、強度を保ちながら安価に作る為、実際に加工、組み立てを経験して、改良点を探
し、意見、アイデアを出し合いより良い作品作りを目指しています。

 しかし、作りたい部品の素材確保に、100円ショップ、コウナン等DAYの店、東急ハンズ等色々な店
を回り、探しています。

 試作した時、素材の弱点が見つかり、再度最適な素材を探さなければならない時もあります。加工、
試作してゆく過程で、全く新しい玩具を思いつき、開発される事もあります。

 素材の一時加工で素人ではなかなか加工の難しいものは、ベテランに依頼し、各人が準備出来るもの
を持ち寄り、皆と協力する事が重要になってます。組み立ても、例会時に完成出来なく、持ち帰り完成
させる事もあります。

  また自宅で別の素材を調達して作り直す事もあり、自宅は作りかけの作品と素材が多数蓄積され保管
に困る状態です。

  この様に会員それぞれが苦労して準備し、小学校の放課後子供教室、市民活動センター、イオンスタ
イル、市のイベント、公民館など色々な所でボランティア活動をしています。
 
そんな苦労を忘れる様に、忘年会ではお互い色々なことを話し合い、おいしい物を食べ、アルコール
も入り楽しい時間を過ごしました。

  来年も互いに良い協力関係を維持、継続する事を確認して散会しました。 参加 12
                                           藪下 昌久
 

 
ホーム