2月3日、8時30分今年の恵方「南南東」奈良へ向けて出発。当初予定のコースとは、
         反対に大和神社・安倍文殊院・おふさ観音と安全祈願、魔除け、厄除け祈願の1社2寺の
         お詣りをしてきました。
         【大和神社】・・・伊勢神宮と並ぶ最古の神社とかで、小規模ながら風格が感じられ
                  る。当日夜の節分、とんど焼きが準備されていました。
                  また、戦艦「大和」展示室が目を引きました。
         【安倍文殊院】・・合格祈願絵馬の多さにびっくり、さすが日本三文殊(他は宮津市の
                  切戸文殊・山形県高畠町の亀岡文殊)。
                  茶菓子をいただきながら、和尚の立て板に水のような、今日の世相
                  をついた講話も、アッという間でした。
                  「今日も昨日と同じことができる幸せを・・・」
         【おふさ観音】・・ばらの季節はさぞかしと思われる境内は、残り咲きか、咲き始めか
                  (?)数少ない花が寒さにめげず開いていました。
                  ここでも和尚の話を聞くことが出来ました。いきなり「今日は何の
                  日?どういう日?」・・「節分・・それもありますが、あなた方、
                  ひとりひとりにとっても、日本、いや世界中の人々にとっても、昨
                  日までと違って全く新しい一日なんですよ」。「だから・・・」と。
                  最後は、一人ひとり厄除け祈祷を受けました。
         参加人数は少なかったものの、日時設定が良かったのでしょうか3箇所とも貸し切り状
        態で、バスの中同様、ゆっくりとお詣りすることが出来ました。
         途中寄った「まほろばキッチン」での地場産の野菜などをみやげ、いや買い物し、午後
        5時前には市役所南館前に帰着。淡い春の兆しの中、まだまだ寒さが身にしむ冬晴れの一日
        でした。


 
   
朝日に映えるあべのハルカス(バスから)  大和神社到着 手水舎へ 
   
午後7時から節分祭で豆まきが   
   
向こうに何が?  立派な本殿が 
   
  高おおかみ神社(水の神社) 
   
  戦艦大和展示室 
   
   
   
諸願成就の増御子神社   一番目の参拝も終えて
   
まほろばキッチンで買い物後の昼食 
   
   
   
安倍山文殊院へ 
   
ご利益お願い!  
   
  
 
安倍文殊院で 
   
  阿倍仲麻呂 望郷の詩碑 
   
  咲き始めた木瓜(ぼけ)の花 
   
  本日最後のおふさ観音へ 
   
正式名称「高野山真言宗別格本山 十無量山観音寺」 
   
  寒空に残り咲(?)のばら 
   
   
   
  おふさ観音を後に 

 

ホーム