大阪府市町村ボランティア連絡会

                          「北摂ブロック交流会」に参加

                          2017.10.31   茨木市福祉文化会館
 
           10月31日(火)、大阪府市町村ボランティア連絡会「北摂ブロック交流会」を
          茨木市ボランティア連絡会の担当で開催しました。
           参加人数は北摂9市町村の76名(茨木市内:37名、他市内:39名)でした。
           オープニングは、ボランティア連絡会会長挨拶、来賓の茨木市社会福祉協議会
          会長の祝辞後、ムービーにより茨木市ボランティア連絡会と、その活動状況など
          を紹介しました。
           記念講演は、追手門学院大学 社会学部 准教授 古川隆司 先生による
          「ボランティア今昔物語~江戸時代の人助けはボランティアが支える~」で、
          江戸の庶民の長屋での暮らしと、コミニュケーションにかかわる内容でした。
          江戸の庶民の大多数は、貧しいなかでの長屋暮らしで、隣人同士の間では、密
          なコミニュケーションが築かれていて、毎日のように、調味料の貸し借り、食材
          や料理のおすそ分けが行われ、お互い助け合いながら、人のために自分の出来る
          ことをするという「人情:ボランティア」がありました。
           現代に住む私たちも、江戸の庶民の「人情」を参考に、お近くの助け合い、も
          う一遍探してみませんか?との、提言がありました。
          引き続き、グループ毎のボランティアメンバーとの交流へと移り、自己紹介と
          各自行っているボランティアの紹介の後、現在抱えているボランティアの課題
          (高齢化)や、今後の対応などを話し合い、グループ毎の取りまとめと全体発表
          を行い、閉会となりました。
                                    地域交流部 新宮健次

茨木市ボランティア連絡会 大籔会長オープニングの挨拶
 

大阪府市町村ボランティア連絡会 中谷会長挨拶

茨木市社会福祉協議会 福井会長祝辞

追手門学院大学 社会学部 准教授 古川隆司 先生
 
グループ毎のメンバー交流
 
グループ毎に取りまとめ結果を発表
開催を担当した茨木市ボランティア連絡会の役員
 

ホーム